スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これから

2012.04.23 (Mon)
配信とかもしてるので、AVAの役に立つ事以外にも色々やってみたいとおもいます。
スポンサーサイト

久しぶりの記事です

2012.02.23 (Thu)
ふぉふぉ君がぱらを一旦休止してM4を使って基礎AIMからやり直すそうなので
その補助になるようなM4講座?ではありませんが、鈴木みそさんに個人的に聞いてみたことを
前の追記として書いてみようかと思います。

まず、M4の使い方として、フルオートと変わらない速度でのタップ。もしくは2点バースト

何故ならば連射を犠牲にしてまで精密を求めてもM4だと火力負けするからです。
なので、フルオートの連射速度が基準になります。
それを踏まえた上で鈴木みそさんに簡単な練習方法を教えてもらいました。

最初にフルオート射撃での速度を確認すること。音を基準にするといいらしいです。
そしてそのリズムを覚えたら、タップ。もしくは2点バーストでフルオート射撃の速度に近い
連射を追求していく事になります。これは鈴木みそさんもおっしゃってたんですが

かなり難しい

そうなので、覚悟して練習するしかなさそうですね。挫折しないことがまず第1条件ではないでしょうか。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=4B8Itqnvc28

参考までにNight0wlさんのM4動画です。これぐらい集弾させる事が出来ればクラン戦でも十分実用レベルではないでしょうか。

HSのラインをしっかり意識し、AIMを頭の位置でキープした上で上記のタップもしくは2点バーストでの
フルオートの速度を維持した射撃をする。という事ですね。

みそさん曰く、M4のこの撃ち方が出来ていればリコイルコントロールはほぼ要らないそうです。
ちなみに近距離ではフルオートでも大丈夫だそうですがその際はリコイルコントロールが必要だそうです。

back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。